<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

4月 悪霊と呼んでいる

俺の使命。
開店時間から閉店時間までこの店にいる。お客がいなくても。
誰もいない飲み屋に立ち続ける。
それはきつい事で無人島に一人でいることより孤独を感じることになる。
全ての準備をする誰が来ても恥ずかしくない店を作り上げる。それを使命と思い。
それでもお客は来ない。
そんな時は今までしてきた自分のミスを責める。その結果が今味わってるこの気分だと。
一通り反省する。
よる1時をすぎて2時を回る。雨が降ってくる。もお誰も来ないだろうが店は開け続ける。
なぜならこの店は駅から遠い。ここまで来て店は閉まっている。それは悲劇だ。
たち続ける、使命感だ。
そして自分の頭の悪さ、他に最善の策が思いつかない。

お客が来た。
こんな時現れるお客は天使か悪魔だ。
でも今の俺にはなんでも天使に見える。きつい時間を過ごしすぎた。今まで積んだ経験と勘はどこかに消えてなくなってる。
それでいいと思っている。それが初心だ。

 「いらっしゃいませ!」
どっから見ても完全体の酔っ払いだ。
中通り最後の飲み屋バーボンハウス、引き受けるのも俺の仕事だ。
「ヒマそーだねー。この店。客いないじゃん。」
悪魔だ。いや! 初心!!この人は悪霊に取り付かれているだけだ。
「その帽子へんだよ。カウボーイのつもり?」
「マスター無口だねー。面白くないよ。だから客がいないんだよ。」
悪霊に取りつかれた人は頭がいい。俺が言われてつらいことばかりを瞬時に見つけてしゃべり続ける。

「あの間抜けな街頭放送この店なんでしょ。恥ずかしくない?あんなことまでしてお客欲しいの?」
 「お騒がせしてます。」

不思議なもので悪霊に取りつかれたお客はこういう時にしか来ない。
俺の弱気を感じ取って店に入ってくる。
思えば店を始めた頃の遅い時間のお客さんはほとんどがそうだった。悪霊に取り付かれると人は自分より弱い人間を探し出す嗅覚が働く。
右も左もわからなかった俺はこれが客商売と思い下手に下手に対応した。
そしてほとんどのお客が完全体以上のスーパーモンスターに変身して暴れまわった。

「マスター!俺のこと嫌いでしょう!」
 「いや、そんなことないですよ。」
この人は悪霊に取りつかれているだけだ。
前の店で面白くなかったんだろう。
ここまで完全体になって俺のところに来た。
俺の仕事だ。
昔と違うのが俺は経験を積んだ。これ以上モンスター化させない。
こんな時俺は牧師になる。モデルは映画の「エクソシスト」に出てくる牧師だ。
毅然とした態度で、理を説き、義を語り、仁をもって接する。
「マスター!俺のこと嫌いだろう!!だってフレンドリーじゃないもん。」
 「そんなことないですよ。本当に。」

そろそろしゃべることにする。しゃべる事はまっとうなことだ誰にでもわかる。
破壊力のある一言を。
「いや嫌いだね!フレンドリーじゃないね。」
 「好きも嫌いもないですよ。俺たち初対面じゃないですか。」
「でもヤッパリ嫌いでしょ?だってフレンドリーじゃないもん。」
 「だって俺達初対面じゃないですか。」
「そこをフレンドリーにするのが飲み屋の仕事だろ。」
 「それは嘘じゃないですか。」

まとめよう。
 「別に好きも嫌いもない。なぜなら初対面だからだ。フレンドリーに見えないのは嘘でフレンドリーに接しても今後いい付き合いができないからだ。そして俺がこういう人間だって事だ。」 「立場は違えど俺たちは同じ人間だ。感情がある。ムカつく事を立て続けに言われたら頭にくる。顔には出してないつもりだが出てたらゴメンな。好きも嫌いもない、俺達は初対面で俺は店をやっている。」

「ちょっと今日は飲みすぎた。お勘定で。」
彼の悪霊は去った。
今ここにいるのは俺と同い年くらいのオッサンだ。同じ世代を生きて、同じようなアイドルに夢中になり、同じようなロックバンドにあこがれた。
 「これよかったら、初めて来てくれた人にプレゼントしているライターです。何かの記念になれば。」
「あ、ありがとう。」
 「ありがとうございます!またよろしくお願いします。おやすみなさい。」 

また一人になった。
天使がくるかもしれないので店を開け続ける。たち続ける。他にいい方法を知らないから。
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-22 05:13

4月 ジャックパーティー

 その日僕は早起きして自転車に乗って新宿に行った。
1リットル入りのジャックダニエルを大量に買ってきた。
今日はジャックガールが店に来る日だ。
ジャックダニエルからネオンも届いている。
少し誇らしい気持ちで僕は自転車をこいだ。少し早く着いて少し早く帰ってきた。

 僕は店に帰って店の掃除をした。
いつもより念入りに、掃除が楽しかった。時には好きな音楽をかけながら歌い、踊り、笑いながら掃除をした。
ジャックダニエルのYさんによるとジャックガールが二人とジャックボーイが一人来るらしい。
ジャックボーイ、おそらくジャックガールの用心棒らしい。
そんな奴要らないのに、彼女達の事は僕が守るのに、僕は少しジャックボーイに嫉妬していた。
話しによると酒場と言う酒場に彼女達を連れて、どんなに荒れた酒場だろうと何事もなく平和に大量のジャックダニエルを売りさばく凄腕だそうだ。
ダルトン、、、?80年代の映画「ロードハウス」に出て来る、伝説のバーテンダーダルトンみたいじゃないか!僕の憧れ。
僕はますますジャックボーイに嫉妬した。

何事もなく店を開け、その日の仕事をこなしていた。
時間が近づいてきた。僕の緊張の糸は張り詰めてきた。
ジャックボーイ、、、いったいどんな奴なんだ。僕の想像はどんどん膨らんでいった。
身長2メートル、体重110キロ、黒人?。。。。。黒人なのか!
気が付くと僕は仮想ジャックボーイとの戦いに明け暮れながら、仕事をしていた。
誰が店を仕切るのか。。。。
時間より少し遅れて彼らはやってきた。。。。。。。。。。。。。。




最高に楽しかったです。
多分俺はこういうことがしたくて店をやってるんだなーとつくづく思いました。
ガールズは可愛くてカッコよかったです。
ジャックボーイは本当に頼れる奴でした。リーゼントのアメフト選手でした。
気持ちのいい奴だった。
その日ジャックダニエルは大量に出た。営業のYさんも喜んでくれている。
この日は上半期の最高売り上げを出した。ハッタリの帳尻はあったと思う。



 
 黒塗りのジャックモービルに乗って彼らは次の町に旅立って行きました。
「僕も連れてってください!」と言うと。
ジャックボーイは葉巻の煙でくもるウインドー越しに「俺達はまたこの町に戻って来る。そしてここに来る事を約束する。それまでバーボンハウスを守っててくれ。」と言い残して爆音とともに走り去っていきました。
最後はジャックボーイのカッコよさにやられました。
走り去るジャックモービルをいつまでも見送る僕にハザードランプを点けて最後のサヨナラをしてくれました。
ジャックボーイはきめ細かい心の持ち主でした。


 僕の夢 
僕は大きくなったらジャックボーイに成りたいです。
背をあと30センチ伸ばして、体重をあと50キロ増やして僕はジャックボーイに成りたいです。
ジャックモービルに乗ってジャックガール達と世界中旅をして、ジャックダニエルを世界で一番売る男にになりたいです。

2007年 4月21日  バーボン37歳独身
a0099091_17521274.jpg
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-18 17:52

4月事業計画書3

まだまだ終わらない。
大雨に助けられて、誰も店に訪れない。
終わった。
美しい。完璧な事業計画書だ。
店を開けよう。
12時半をまわっていた。

一人の若い男が入ってきた。若くて小柄、マイナスのオーラを全く感じない。
「この店で一番高いバーボン下さい。」
 「お前さんにゃ10年はえーよ!」思ったことがそのままダイレクトに言葉に出る、最近のいけない癖だ。「君はこの店初めてだろ、一番高いのは本当に高いから俺が選んであげるから何かヒントをくれ。どんな男になりたいとか、どっから来たとか、今の気分とか?」
「さっき東京に出てきたばかりです。ミュージシャンになりたくて。今の気分はドキドキですね。」素直だ。
 「東京に出てきたばかりでこの店に来たの?ようこそいらっしゃいました。仕事は?」
「これからです。」
 「じゃあ、俺がいい仕事を紹介してあげるよ。きついけど。そこに行けばミュージシャンの仲間もすぐ出来るぞ。」
ソイツはその日のうちに連絡をとって、其処で働く事になった。

素直なソイツにはよかったらウチで働けばと言おうとしたが止めておいた。
なぜなら事業計画書を書きながら思ったことは、これから俺は多少のウソも吐くだろうし帳尻の合わないハッタリもかますだろう。今まで一番避けていたことだ。
でも気付いた事は、そのくらいじゃないとスタートもしないし生き残れんなってことだった。
東京で最初に出会った人間がそんな状態の俺じゃか可愛そ過ぎる。

この大雨の中誰かがこの店に来て、この事業計画書を仕上げるのを止めてくれるのを待っていたかもしれない。書きながら自分が同じじゃいられない事に怯えながら書いていた。

ソイツは今でも抱瓶で働いている。
結構な人気者だ。たまにはウチにも飲みに来てくれる。素晴らしい事だ。
その時ソイツに出した酒を思い出そうとしているが全く思い出せない。
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-10 20:56

4月 事業計画書2

 それから、しばらくして。
人が来た。客ではなさそうだ。やけに腰が低い。しらふだ。この時間にしらふで来る客はこの店にはいない。
「失礼します。自分こういうものです。」名刺。遠くて見えない。「ブラウンフォーマンです。」
 「ブラウンフォーマン?聞いたことあるな。アーリータイムスだ。お前さん営業か。」
「自分はジャックダニエルです。」
 「そうかー。お前さんの営業に付き合うから、俺の営業に付き合え。何を飲む?って言いたいトコだけど、見ての通り俺は営業できる状態じゃない。忙しいんで手短に頼むわ。」店の床は重要書類で埋まり、その中心に俺が座ってた。
「自分はジャックダニエルの販売促進のために~~なんたらかんたら~~ジャックガールというキャンペーンガールを、、、」
 「分かった!俺は君が来るのを待っていた。こっちに来て座りなさい。お茶も出せる状況じゃないが。君は若いその書類を飛び越えて来い。助走はいらないだろ。こっちだ!」
「そこですか?」
 「おい!その紙を踏むな!それは平成17年度の確定申告書だ。俺にとっては思い出深いものだ。」
「すみません!!ごめんなさい!」
 「めんどくせえ!普通にここに来なさい。踏んでいいから!」
長身で足長の彼はうまい事またいで俺の正面の席に着いた。
 「やっと来やがったなジャックダニエル。俺の事をよくも今まで無視してくれたな。大丈夫だ、怒ってないからこの4年間で無視される事にはトコトン馴れちまったから。」
「はい。。。」
 「お前さんの話を聞くから、その前に俺の話を聞け。」
 「2年前だ。俺はなぜ自分の店にネオンがないのか気になりだした。同業者に聞いて回った。そしたら酒の営業さんがくれると言うじゃねえか。ウチに営業なんか来た事なかった。電話したよ、方々に。俺はコレコレこう言うものでバーボンのネオンが欲しいと。そうしたらジャックダニエルに行き着いた。その答えは俺には冷酷なものだった。ジャックダニエルを2ケース買ってくれだ。ほぼ定価で。まけてくれと言ったら、6本サービスで付いて来た。合計30本もジャックが来たよ。6万出費。でかかったーあの頃の俺にはでかい出費だった。死ぬかと思った。」
「そーなんですか!ありがとうございます!」
 「おい、話しはこれで終わりじゃない。ネオンが届いた。俺は得意げだった。お客にも言われたよ店が凄くおしゃれになったねって。俺は満足だった。お客も褒めてくれて。あのネオンは俺の自慢だった。俺も得意になって言ったよ。ジャックダニエルがウチに置きたいって言うからさーなんてうウソ言ってな。お客も言ってくれたよ、バーボンハウスだもんねここって、凄いねって。」
 「でもその一週間後だ。その当時のバイトが掃除中にネオンを倒して、割っちまった。直らなかったよ。でもその時俺は目が覚めたよ。この30本早く売らなきゃ。お金にしなきゃって。その当時の俺にとっちゃ自殺行為だ。30本のウイスキーの在庫なんて。」
「そーですか。」
 「まだ話は終わらない。俺がどおやってその大量のジャックダニエルを売ったか!これを聞いたらお前泣くぞ。話すぞ。」
「どうぞ。。。」
 「バッタもんのジャックダニエルのTシャツを500円で20枚買ってきてキャンペーンと称してボトルを入れてくれた人にプレゼントしながらなんとか売ったんだ。」
「そうなんですか!ありがとうございます!」
 「お客は喜んでくれたよ。ボトルを入れてTシャツもらえるなんて、さすがバーボンハウスですねって。俺もそーだろジャックがウチを応援してくれてるんだよなんてウソ言ってな。」
 「忘れられないのが、そのTシャツにはJACK LIVE HEREって書いてあったよ。でもそのとき俺は死にそうだったよ!」
「すみません。。。そのコピーまだ使ってます。」
 「まあいい。俺は知ってるぞ。ジャックダニエルが半裸のねーちゃんを店に派遣して、ジャックダニエルを売りまくっているのを。そして高円寺のいくつかの店でもやっているのを。」
「そー言われてしまうとそうなんですけど、すみません宣伝活動の一環なんです。バーボンハウスはダメですかそー言うのは?」
 「ぜひお願いします!」即答した。「ずーと君が来るのを待ってたんだよ。大丈夫!怒ってないから、無視されるのは慣れてるから俺。やっと来てくれたな!そっちから!そーだよなーだってバーボンハウスだもんなここ。」

 営業の男は店を見渡し始めた。値踏みが始まった。慣れてるよそれも。
 「10坪ないよ。席は16席低度。駅からは遠いよ。宣伝効果は薄いか?」
「そうですねー。」
 「判ってるよそれも、今まで散々言われてきたから。だから俺は間抜けな街頭放送をかけて自分で宣伝してるんだ。男ならバーボンを飲め!って。ケンタッキー州知事から表彰されたいくらいだ。でもそれを聞いてお前さん来たんだろ?ところが意外と小さな店だった。お前さんにとってそれは計算違いかもしれないが、俺が起こしたアクションでここまで来てくれた人を俺はむげには扱わない。何も心配しないでジャックガールを派遣しなさい。結果を出すのは俺の仕事だから。」
「わかりました。3日後です。」
 「明らかにキャンセルが出て俺の所に来たな。まあいいや。」
「ところで、何をしていたんですか?今まで。」
 「2店舗目の事業計画書を書いていたの。ちょっとは評価上がった?」
最近ハッタリがうまくなってきて自分が嫌いになりそうになる。店をやる前の八百屋のころの自分みたいだ。修正が必要だ。
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-10 20:47

4月 事業計画書

話しがでかくなったぶん東京信用保証協会に提出する事業計画書もでかく複雑になった。
書いても書いても完成しない。
書けば書くほど自分がしようとしていることの危うさが見えてくる。
夕方から書き始めた事業計画書はまだ終わらず、開店時間になった。
「本日都合により10時オープン。申し訳ない。」張り紙を張った。
大雨が降ってきた。
この大雨の中で飲みに来た奴は断れないな。張り紙は張ったが人が来たら始めよう。
あの場所では普通の事業計画ではダメだ。
夏、冬、平日、土日、織り交ぜてやらないと無理が出る。
電話があった。店を作ってくれる宮本君からだ「バーボンさん、お金借りられそうですか?」
 「わかんねー。事業計画でつまづいてます。」
「どーするんですか!もう家賃は発生してますよ。早くしないとジリ貧ですよ。」
 「豚カツ屋でもやるか。そうすりゃ金もかからないし。」
「すごいアイデアですね。それでいきますか!」
 「バカヤロウ。俺を信用して待ってなさい。」
作業に戻る。
だめだ。豚カツ屋をやることしか頭に浮かばない。
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-08 16:46

4月 俺に金を貸せ

どう考えても金が足りない。
当初の予定よりバカデカイ事になった。
惚れた物件があった。
ここで何をするか決まった。誰にも言わなかった秘めた思いだ。
金はない。
スキル、経験ないよ。俺は叩き上げだからゼロからイチから始める事には抵抗はない。
でもプライドは高いよ。叩き上げだもん。
でも金は足りない。

銀行に行ってみた。
とりあえず一番でかい銀行に行ってみた。
融資相談。そんなカードがぶら下がったついたてが立ってるソファーに座った。
ちょっとした実業家気分だ。担当者が来た。
パンフレットが渡された。杉並区融資制度のお知らせ。
何冊も持ってるよ。ここもかよ。
「ここに行って、こいいう手続きを取って、また来てね。」
ガキ扱いだ。何者でもない気分を味わえる。
じゃあもう一軒デカイ銀行。
同じ。
近所の信用金庫。
同じ。ここまで来ると現実が見えてくる。俺って大したことないな。
言われたとおりに杉並区役所融資課に行く。今度はスーツ姿で。
審査に時間がかかりすぎる。もう物件の手付けは売った。店舗をデザインしてくれる男も決まった。そんな余裕はない。もう空家賃は発生する。
と言うわけなんでもっと早いくなんとかならないですか?
なりません、ルールだから。
周りを見ると、ほとんどが相続税を払うための資金繰りとか、固定資産税を払う資金繰りとか結局ここ融資の相談に来る奴はみんな金持ちだ。時間も金も余裕ある。
ルール。まだまだ俺はルールが有利に働くほどの男ではないですね。

帰りに自転車をこぎながら怒りがこみ上げてきた。
俺に金を貸せ!俺は悪人じゃない。むしろ良い奴じゃないかと思う。
俺は神の使命を受けた聖者だ。俺に金を貸せ!
頭来た。全部の信用金庫、銀行まわってやる。

まず一軒目。
俺に金を貸せ!パンフレットいらん!俺は時間がない!
金を貸せるの貸せないのかハッキリしてもらおう。
怖いぐらい強気だ。
東京信用保証協会の審査を受けてください。それなら。。。。
二件目。
同じ。
妥協点が見えてきた。
そういうことね。
俺でも使えるルールを教えてくれてありがとう。
ルールに文句言うほど暇じゃないからね。ルールには従うよ。
そこで結果を出せる努力をするよ。
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-07 06:18

3月 

美容師さんの物件を一緒に見て回る。
いつも一緒にいるのはロン毛の不動産屋さんのTさんだ。
高円寺の町をかなり歩いた。Tさんの歩くスピードは速い。

 最近、気が付いたことは店舗物件というのは物件情報を見て探すのではなく歩いて探すのだということだ。
Tさんは仕事のできる人で物件を見つけてくる。掘り出してくる?いや作り出すぐらいのことをやる。
選挙事務所だろうと営業中の店だろうと、空きそうだぐらいの不確かな情報でもすぐに直接交渉に入る。
はたから見ているとあまりにも不躾すぎて痛快だ。
金の匂いがすると誰よりも早くそこに駆けつけて、価値のないものに金額をつける。
Tさんの夢はラブホテルを作ることらしい。理由は絶対に儲かるからだそうだ。
いつだったかTさんが夕方の高円寺を人ゴミなど存在しないかのように早歩きで歩いてるのを見た。後ろから付いてくるTさんの若いのも同様だ。
これは面白いモノが見れると思って俺はその後をつけてみた。
庚申通りからララマート前を抜けて中通り手前の路地をものすごいスピードでコーナーリングしていった。
見失った!と思ったらその路地の総菜屋さんでコロッケを買っていた。
あとでその話をふってみたら、「あそこのコロッケうまいんですよ」とのことだった。
24時間そういう人なんだとその時に知った。信用できる人かもしれない。

 Tさんが見つけて来た物件を見た後、帰りの道すがら高円寺駅に向かう途中でTさんに聞いてみた。
 「この豚カツ屋さん最近よく休んでるけどどうしたのかな?」
Tさんの行動は早い。まわりの不動産屋さんに聞き込みをして。10分後にはその店の鍵を持って現れた。
「体調不良で最近閉めたばかりで、服屋が二件と正体不明のおじさんが興味を持っていますね。家賃はこんなもんで、あんなもんでしょう。」
話が早い。この人を見ていると市場の人間を思い出す。聞かなくても、知りたいことを伝えてくる。
内見をした。
美容師さんが「バーボン!俺には広いけど一緒にくまねえか?」と言ってくれた。かなり乗り気だ。
勢いにおされて「いいねえ。」なんて言った。

その日の夕方店を空ける前に「俺は人とは組めない。世話になっているのに申し訳ない。」と言いに行った。
「そうだよね、バーボンちゃん叩き上げだからね。どうする?あの物件?」
 「俺はやってみたい。」即答した。

自分でも驚くほどの即答だった。Tさんの影響かもしれない。
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-02-01 20:02

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE