2007年3月終わり

誰もいない遅い時間。
店じまいの準備に入ろうとしていた。
店に若い男が入ってきた。つっぱてやがる。でもなんか思いつめてんな。
さあもう一仕事だ。
ソイツは席には着こうとせずこういった。「ここは人を募集してないっすか?東京来たばかりっす。」
 「してない事はないけど君は年いくつ?出身は?」
「18っす。大阪っす。」つっぱてんな。
 「どおでもいいけど、お前さん仕事が欲しいんだろ。もっとシャキっとしねえか。真っ直ぐ立てねえのか?」
ソイツは慌てて体をブラブラさせながら喋るのを止めた。
それでいいのよ、おいちゃん見飽きてるからそういう若い奴。
 「俺の知り合いの店を紹介してやるよ。キツイけど。」
知り合いに電話した。酔っ払ってて電話に出なかった。
携帯の番号を聞いてソイツと別れた。
次の日、抱瓶の加藤さんとハイタロウさんに電話した。
 「思いつめた感じの東京でて来たばかりの若い奴が仕事欲しいって言ってんだけど。」
「ソイツはまさにウチ向き!連絡させて。」2人とも喜んでくれた。
ソイツに電話した。何回電話してもソイツは出なかった。
昨日脅かしすぎた。少し後悔した。

しばらくして。
ソイツが高円寺の八百屋で働いてるのを見た。
 「おい!大阪出身18歳!」
ソイツはとぼけていたが、俺はとぼけさせない。若い奴にヘンな癖はつけさせない。
 「お前さん、俺のところに仕事が欲しいって来ただろ。八百屋さんで働いてるの?」
「はい、その節はどうも。今度、飲みに行きます。」
 「いいよ、来んなよ!ビンボー人。よかったじゃん。八百屋が決まって。」
「はい。」
 「俺 よく来るから。よろしく頼むわ。」

それからしばらくして
ソイツは八百屋で見かけなくなった。
たまに昼間町で一人で道に座り込んでつっぱてるのを見かけた。
そしてしばらくして友達が出来たようで2人で道にしゃがんでいることを見かけた。

そして今はソイツを見かけることはなくなった。

 

 
[PR]

  by kouenji-bourbon | 2008-01-13 17:59

<< 3月  3月の中頃 のいつだったかの爆... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE